遺族年金

遺族年金は、国民年金の加入中に亡くなった遺族が受け取れます。

但し、受け取れるのは子のある配偶者と子です。
2014年4月からはそれまで受け取れなかった父子家庭にも支給されます。
基本的にある年齢に達するまでの子に支給されるものだと思っています。

ある年齢とは子が18歳になった年度の末日(3月31日)までです。
受給権者が死亡したとき、婚姻したとき、直系血族または直系姻族以外の用紙となった
ときも失権して受給できなくなります。


ともあれ幼い子を残してお母さんがなくなった場合も父子家庭を支えることができる
ようになったのは進歩です。

その他にも特例とかいろいろありますので、詳しくはググって調べてください。



年金制度もとても複雑で申請は大変ですが、国民の権利ですので活用してください。

この記事へのコメント