海外派遣時の社会保障

海外に派遣されていても日本国の年金制度に加入していると
日本での保険料納付と
相手国での社会保障保険料を
ダブルで支払うことが多いそうです。

もちろん海外でも老齢年金の受給資格には一定期間の加入が
必要なんですが、その期間を満たさないまま帰国すると、
それまで支払った保険料は掛け捨てになっていました。



でも国同士が社会保障協定を発行しているなら

派遣期間が5年未満なら派遣期間中も自国の制度にのみ加入
できるので、2重の支払いの問題から開放されます。

もちろん2国の社会保障保険料を一定期間収めて受給資格を
得たならば、それぞれの国から年金を受給できます。


短期の場合も長期の場合の派遣も年金事務所で必要な書類を
提出し、相手国へも書類を提出しないといけないので、
詳しくは年金事務所に確認してください。




昔の方は二重の支払いをしてきていたんですね。


この記事へのコメント